Good Food Good World

美味しい記録、たまに旅行

5泊7日、スペイン〜フランス旅行記 ⑤  憧れのダリ美術館

スペイン旅行3日目

少しずつスペインの空気にも慣れてきた頃

個人的にスペインへ行きたかった理由の一つである

ダリの生まれ故郷フィゲラスにある、ダリ美術館

 

小さい頃に両親にダリ展へ連れて行ってもらった時に衝撃を受け、

中学だか高校だかにスペインにダリ本人が手がけた、全てがダリの作品というダリ美術館の存在を知り、いつか行きたい…と思い続けていた憧れの場所でした。

 

 

美術館のあるフィゲラスはバルセロナからは少し離れており

renfeという特急列車を使っていきます。

(特急のチケットは事前にネットで購入可能です)

朝8:25 Barcelona Sants 駅を出発し、田舎をずんずんと進み、9:20にFigueres Vilafant駅に到着。

約1時間で着きます。

 

駅では早速ダリがお出迎え

f:id:hana_gfw:20170818180316j:plain

 

フィゲラスはバルセロナとは全く異なり少し寂しい、田舎の住宅街という雰囲気

f:id:hana_gfw:20170818180742j:plain

駅でもたまたまか私たち以外はおりず、街にも人もあまりおらず

心配になりながらネットの情報と地図を頼りに歩く事、約20分

 

ダリ美術館に到着!

f:id:hana_gfw:20170818181314j:plain

 

ずっと本で見ていた、卵の乗った屋根…!

f:id:hana_gfw:20170818181357j:plain

 

11:00 入館のチケットと事前に購入していて

30分前 (10:30)にEチケットを持って窓口に…との事だったので周囲にもたくさん展示?置いてあるダリの作品を見て回り、時間つぶし

f:id:hana_gfw:20170818181858j:plain

 

そして、時間になったので中へ

とにかくいたるところにダリの作品だらけ!

絵画はもちろん、中庭のデザインも、柱も細かい所々におかしなアートを見つけては友達ときゃっきゃしてました。

お客さんも私たちの行った時はたまたまかちらほらとしかおらず

あとは、ツアー団体のお客さんがまとまって移動していたため比較的ゆっくりと見ることができました。

 

<中庭>

車の横にコイン入れがあり、コインを入れると車内に雨が降る…という謎のギミック付き

壁の周囲にはたくさんのオスカー像のようなものがズラリ

f:id:hana_gfw:20170818183153j:plain

 <ホール>

卵頭の絵

すごく大きく、みんなボーッと見上げてました

f:id:hana_gfw:20170818184257j:plain

<マリリン>

最も有名な作品

横からインテリアとして見るのと

台に上ってレンズごし顔として見るとのでは異なっていてとても面白い

f:id:hana_gfw:20170818183835j:plain

これも有名な作品

パンに、アリに、スプーンとダリが詰まってる

f:id:hana_gfw:20170818184049j:plain

天井画、ダリと奥さんのガラ

f:id:hana_gfw:20170818184334j:plain

ガラの絵が多く、聖母マリア風にしていたり

様々な作品を通しダリのガラへの愛を感じました。

多くのシュルレアリスト達を虜にさせた、魔性の女としても知られているガラ、そんな浮気性な彼女を想い多くの作品に残すダリの熱心な愛…

 

ダリ美術館の外には別で、ダリの宝石店もあり

一体いくらするのかしら…とドキドキするほど豪華な宝石たちが

f:id:hana_gfw:20170818185141j:plain

f:id:hana_gfw:20170818185211j:plain

さすが、多くのパトロンを持った成功者は宝石をも扱えるのか…

 

ダリ美術館を満喫し、周囲のおみやげ屋さんをプラプラしてから

駅へ戻る途中にある、公園近くのオシャレなシードル屋さん"Sideria Txot's"へ

 

不思議な電動シードルサーバー

f:id:hana_gfw:20170818185957p:plain

優雅な昼飲みランチ

f:id:hana_gfw:20170818190121j:plain

 

 

そして、15:45発のrenfeで再びバルセロナへ。

 

夕方からは初日にちょろっと見た、Casa Batlló カサ・バトリョの見学と有名なピンチョス屋さんでスペイン最後の晩餐を…

長くなったので、分けて書きたいと思います。